慢性的なものを

今後の動向についての予測

原因がはっきりしない痛み、ケガによる痛み、加齢による痛み、体はいろいろな原因で炎症を起こしている部位を人間の体は、痛みという形で自覚させます。 西洋医学の分野では整形外科がその担当ですが、X線やCT・MRT画像などの解析で、骨のトラブルはわかりますが、筋肉トラブルはリハビリ科の理学療法士による治療分野になります。整骨院や接骨院と理学療法士のすることは少し近く、場合によってはマッサージもおこなわれます。 リハビリ科のない整形外科で骨の異常が発見されなかったら湿布薬が処方されて治療は終了です。肩こりや四十肩・五十肩、腰痛などの痛みの緩和、スポーツなどのケガによる捻挫や脱臼などの治療、交通事故によるむち打ちなどのトラブル対応を期待するなら整骨院です。電気や低周波、ハンドマッサージで、炎症部分の血行をよくして患部を治し痛みをとりのぞくことができます。

注意すべき点(気を付けることなど)

このように整骨院などは病院ではないですが、準医療の形でマッサージが行われ、痛みの緩和、治癒に役立ちます。 ただ、気を付けるべきは、整骨院の入り口に保険適用と書かれていて、保険証を使って施術費用を支払った後、医療機関以外から請求なので、保険組合からその事由を記述する紙が送られてくることがあります。これは悪質な保険請求を阻止するためとも言われています。 基本的に慢性の腰痛や肩こりには保険は適用されないことになっています。 事由がはっきりしているケガなどによる痛みの場合は一度整形外科にいったことが条件であったりします。ただ、確定申告においては、鍼灸マッサージなどの施術費用も医療費の対象に含めていいことになっています。